小児皮膚科について

小さなお子さんは、自分の症状をうまく言葉で伝えられないことが多く、症状に気づいた時には、ひどい状態になっているケースもしばしばです。そのため、保護者など近くの大人が皮膚の様子をよく観察し、少しでも違和感を覚えたときは、早めに小児皮膚科を受診されるようにしてください。

日常生活上のアドバイスも行います

乳幼児のお肌はとても繊細です。皮脂の分泌量が不安定なので、バリア機能も安定しておらず、些細なことで湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど、皮膚トラブルが生じやすいものです。そのため、しっかりとスキンケアをして皮膚バリアを整えることが、子どもの皮膚の健康を守るためには大切です。当院ではスキンケア法など日常生活上のアドバイスも行います。

このような症状の方は
ご相談を

  • オムツの当たるところに赤い発疹が出てきた
  • お尻の皮膚がただれている
  • 全身に小さな赤い発疹や水ぶくれが出来た
  • 皮膚にほくろ、あざ、できものがある
  • お口の中に発疹があり、痛そうにしている
  • 肌がジュクジュクしている
  • 肌にかさぶたが出来た
  • 髪をかき分けて頭皮を見ると、白いポツポツが付いている
  • 全身に小さい発疹があり、体温が上がっている
  • 発疹だけでなく、咳や鼻水なども見られる
  • 手のひらや足の裏に小さな水ぶくれが出来た
  • 皮膚を痒そうに掻いている
  • 虫に刺された部位が腫れ上がっている
  • 特定の食べ物を食べた後で発疹が出てきた など
横浜常盤台みんなの診療所
045-332-3737
受付時間【午前11:50まで】【午後17:50まで】
土曜日の午前診療は9:00~13:00
休診日:土曜午後、日・祝
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~18:00
お支払い

*VISA,Mastercard以外のクレジットカードは取り扱っておりません。
*クレジットカード決済ご希望の方は受付時にお申し出ください。
*交通事故や労災の立替払いや預り金など、返金となる支払いはクレジットカードのご利用対象外です。

院 長
西迫 尚 (にしさこ ひさし)
診療内容
整形外科、リハビリテーション、骨粗しょう症、乳幼児健診、乳幼児ワクチン、小児科、小児皮膚科、内科、皮膚科、成人健康診断、成人ワクチン、発熱外来
住所
〒240-0067
神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台22−7
ライズモール常盤台A棟2階-03区画
最寄駅
●バスでのご来院
最寄バス停「横浜新道」よりスグ
・「横浜駅西口」からバスで20分
・「三ツ沢上町駅前」からバスで10分
・「和田町駅」からバスで7分
●お車でのご来院
「保土ヶ谷インターチェンジ」より2分
「常盤台インターチェンジ」スグ