骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は、老化や閉経などが原因となって骨の中のカルシウムの量が減少する病気です。骨がスカスカになって脆くなるので、わずかな衝撃でも骨折を招いてしまいます。高齢者の場合、骨粗しょう症による骨折から要介護状態になるケースも非常に多く見られます。

お早めに医療機関を
ご受診ください

骨量は20~30歳頃の若い時期をピークに、年を重ねるとともに減少していきます。特に女性の方は閉経と共に骨密度(単位体積あたりの骨量)が減少していきます。進行すると、背骨が体の重みでつぶれたり、背中が曲がったり、変形による圧迫骨折をきたしたり、ちょっとした転倒で骨折するといった事態を引き起こしがちになります。大腿骨近位部を骨折したりすると、体を支える働きが損なわれてしまうため、要介護状態のリスクが飛躍的に高まります。しかし、専門的な治療や適切な生活改善を行えば、骨密度の減少を改善し、骨折リスクを減少させることが可能になりますので、早めに医療機関をご受診ください。

骨粗しょう症の
リスクが高い方

  • 50歳以上の女性で痩せている
  • ご家族に大腿骨骨折をした方がいる
  • 煙草を吸っている
  • ステロイド内服薬を使用中の方
  • お酒を大量に飲まれる方
  • 糖尿病の方
  • これまでに過度の食事ダイエットをされたことがある方 など

主な検査

骨粗しょう症の診断にあたっては、骨密度の測定、X線検査、身長測定、血液・尿検査などが行われます。このうち骨密度の測定に関して言うと、当院では最新型の測定装置を導入して精密に骨密度を測定しています。X線検査では、主に胸椎や腰椎を画像撮影し、骨折や変形が無いかなどを確認します。これによって骨粗しょう症と他の疾患との鑑別が行えます。加齢に伴って身長が縮んでいる方は骨折リスクも高まると考えられているので、身長測定も重要です。さらに、血液検査によって骨代謝マーカーを調べることにより、骨代謝の評価が可能です。骨吸収を示す骨代謝マーカーの高い人では骨密度の低下速度が速いため、骨密度の値にかかわらず、骨折リスクが高くなっています。

骨粗しょう症の
予防・治療法

骨粗しょう症の予防、病状の悪化を食い止めるには、食事療法と運動療法、薬物療法が必要です。食事療法では、骨の主成分であるカルシウムやタンパク質、骨のリモデリングに必要なビタミンDやビタミンKをしっかり摂取します。骨粗しょう症の人が避けるべき食品は特にありませんが、アルコールやカフェイン、リンなどの摂り過ぎには注意しましょう。

骨は運動をして体重負荷をかけることで増加し、より丈夫になるので、運動療法も欠かせません。筋肉を鍛えると、体をしっかりと支えられるようになり、バランス感覚も向上し、ふらつきが少なくなって転倒防止にもつながります。ウォーキングやジョギング、エアロビクスなど、運動負荷があまり重くない運動を毎日続けるようにしてください。なお、こうした食事療法や運動療法でも十分な効果が得られないときや骨折リスクの高い場合は、お薬による治療が必要となります。当院では、患者さんの症状を見極めながら、最適の治療を提案いたします。

横浜常盤台みんなの診療所
045-332-3737
受付時間【午前11:50まで】【午後17:50まで】
土曜日の午前診療は9:00~13:00
休診日:土曜午後、日・祝
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~18:00
お支払い

*VISA,Mastercard以外のクレジットカードは取り扱っておりません。
*クレジットカード決済ご希望の方は受付時にお申し出ください。
*交通事故や労災の立替払いや預り金など、返金となる支払いはクレジットカードのご利用対象外です。

院 長
西迫 尚 (にしさこ ひさし)
診療内容
整形外科、リハビリテーション、骨粗しょう症、乳幼児健診、乳幼児ワクチン、小児科、小児皮膚科、内科、皮膚科、成人健康診断、成人ワクチン、発熱外来
住所
〒240-0067
神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台22−7
ライズモール常盤台A棟2階-03区画
最寄駅
●バスでのご来院
最寄バス停「横浜新道」よりスグ
・「横浜駅西口」からバスで20分
・「三ツ沢上町駅前」からバスで10分
・「和田町駅」からバスで7分
●お車でのご来院
「保土ヶ谷インターチェンジ」より2分
「常盤台インターチェンジ」スグ